来客用布団は圧縮袋で保管することで収納スペースを確保

30代女性、夫と私、幼稚園児の息子の3人家族です。賃貸マンションに住んでおります。私が抱えている布団に関する悩みは、来客用布団が場所をとり、収納スペースを圧迫してしまうということです。

布団の悩みは、来客用布団が場所を取ってること

私たちの住む賃貸マンションは、いわゆるファミリー向け物件ではなく、間取りも1LDKで収納スペースも少ないので困っています。元々、この部屋は主人が就職して一人暮らしを始めた際に借りたものなのですが、まだ独身のころ、地方から遊びに来た父母を泊めるために、2組の来客用布団を購入したのだと言っていました。

独身のころは、押入れに他にしまうものも少なかったため、さほど邪魔に感じることもなかったようなのです。しかし、その後結婚・出産を経て3人家族になってからは、子供用品や衣類など物がどんどん増えてしまい、ほとんど使用しない来客用布団が場所をとるのがもったいなく感じるようになりました。

圧縮袋が便利。布団を使う回数が少ない家庭におすすめ

そこで、我が家で行っている対処法は、来客用布団は布団圧縮袋を使用してペチャンコに押しつぶし、体積を減らして収納スペースを広げるという方法です。来客用布団を頻繁に使用するご家庭では、この方法は手間が掛かるのでおススメできないですが。

しかし、我が家はそもそも狭いので、泊りがけでお客様を招く機会も少なく、最後に使用したのはなんと5年以上前という状況なのです。それでは思い切って捨ててしまっても良いのかもしれませんが、万一の際のことを思うとそこまではしたくないと考え、圧縮するという結論に至りました。

使用している布団圧縮袋は、掃除機を用いて中の空気を吸引すると、逆流防止の弁がついているので逆戻りすることなく、開封するまではずっとペチャンコの状態が続くのでとても満足しています。

【来客用布団の保管】圧縮袋と防虫剤を使って清潔に

ただ、注意すべきことは、この方法を用いると開封してもすぐに布団が使用できるような状態には戻りません。そのため、使用することが決まったらあらかじめ早めに開封しておき、天日干しをして元のフカフカの状態に戻しておくことがポイントです。

また、保管している間に虫がついてしまったりすると困るので、その点にも気をつけています。布団圧縮袋に入れておくことで、ある程度は虫との接触は避けられるとは思うのですが、念には念を入れて、強力な防虫剤を押し入れ内に吊り下げて対策しております。

使う機会の少ない来客用布団ですが、これからも清潔な状態を保ちつつ邪魔にならないように保管できるこの方法を続けていきたいと思っております。