【わたし流!布団の干し方】車の天井に広げれば綿布団がふかふかに

私は両親と祖母と私の4人家族です。皆愛用の布団は綿布団です。今私が使用している布団は、決して新しいものではありません。実家から離れ、私と友人、女2人でルームシェア生活すると決まり、引っ越してきた際に持ってきて大分長く使っている布団です。

古い綿布団が手放せない。ほつれを直して使用

その布団は私の前に祖母が使っていましたが、私だけでも生まれてこの方26年と長年使っているせいか、身体に馴染んでいてこれが手放せません。恐らく、かれこれ30年以上は使っています。

ベット等に憧れましたが、やはり馴染みの布団が一番ですよね。ただ、長年使うと出てくる悩みが布団の綿を入れている外生地の傷みや糸のほつれ、臭いやふかふか感が減少してしまう事です。

糸のほつれは今のところなんとか手縫いしたり、アイロンで穴を塞げるシートを買ってしのいでいます。ちなみにアイロンシートは100均でも購入出来てコスト的も手間もかからず便利です。

布団本体の上にカバーと四隅をゴムで引っ掛けるだけのシーツを使用しています。このカバーは1年に1回程度変え、簡易シーツは夏場と冬場で種類を交換しています。そして臭いやふかふか感、これが一番どうにかしたい問題です。対処としては、休みの日は簡易シーツの洗濯、どうしても時間のない時は消臭の味方ファブリーズを使用します。

布団の干し場所見つけた!車の上がちょうどいいかも

肝心の布団本体はというと、こまめに干したいのですが、実家にいたときは布団を干す庭もそれ用の竿もあったので良かったのですが、今住んでいるところは庭もなく、又、部屋もそんなに広いわけではないのでとても厳しいです。

それでもどうしても外に干したい私は、車の上を利用して外に干すようになりました。天気の良い日に布団用に買ってきたビニールシートを車に被せ、車の上に布団本体を広げて日干しさせます。

何処にも出掛けられないのがネックになりますが、早めに起きて昼過ぎにかけて干し、たまに表裏ひっくり返します。太陽の除菌作用で臭いも取れ、夜は太陽の熱をいっぱい含んでいて布団はふかふか暖かく、とても寝心地が最高です。

ただ、この干し方のせいか、私の布団だけかわかりませんが、あまり干し過ぎると季節に寄っては暑すぎて眠りにくいものになるので注意が必要かと思います。

【愛用中の布団】定期的にお手入れして長く使っていきたい

他に布団の保管方法としては、敷きっぱなしにしない事と押し入れに湿気取りを置いて切らさずに定期的に交換しています。綿布団は長く使っても回復するのでとても良いですが、どうしても駄目になった時には処分してくれる布団屋さんもありますのでそちらに持っていこうと思っています。

太陽に晒しても臭いがやはり染み付いたり、カビてしまったり、ふかふかにならなくなったら新しい布団に買い換えようと思いますが、定期的にこうしてお手入れを続けていれば全然使っていけます。出来れば長く今ある布団を使いたいと思います。