布団クリーナーレイコップ買って正解。布団干ししなくても清潔

布団のお手入れといえば、やはり日頃の布団を干す作業がとても大変です。我が家は現在、夫婦と1歳の娘がいます。ですので、セミダブルの布団が1組と、子ども用で使用しているシングルの布団が1組あります。

【アパートのベランダで布団干し】狭くて干せないし時間もかかる

現在アパート暮らしをしている私たちにとって、布団を干すことはとても大変です。まず1つに、今日は天気がいいから~と言って敷布団を2枚干すのはアパートでは難しいです。狭いベランダだし、室外機もベランダにあるので布団を干すと室外機についてしまいます。

こちらも綺麗にしていればよいのでしょうが、強風がふいているこの季節ですし黄砂も頻繁に飛んでくるので、毎回室外機を綺麗にというのも大変です。

さらに、アパートの場合一戸建てやマンションと違って窓も小さいので、1人で大きな布団を抱えて外に出すことも至難の技です。ベランダには当然屋根が付いていますので、日干しをしたとしても陽に当たっているのはおもて面の半分、つまり布団全体の四分の一といった程度です。

これを、約1時間ごとにひっくり返し向きを変えて4面全て日が当たるようにするのですが、それだけで4時間以上かかります。そうしているうちに陽は落ちていきますので、1日に頑張っても敷布団1枚が限界です。

布団干しは休日の晴れた日にするも、突然の雨で布団がビショ濡れに

まして小さな子供がいますので、子供は興味を惹かれて付いてくるのですがベランダは危ないですし布団を干す際にホコリも出ます。あまり近くにいてほしくはないです。

これらの悩みがありながらも、やはり布団を干さないというのも嫌で、1週間に一度ほど土日の旦那が休みの時で雨が降っていない時を狙って干すようにしていました。

しかし先日、せっかくの休みだから出かけようということで、布団を干したまま出かけることにしました。すると、出先で突然のスコールが。慌てて帰るも時すでに遅しで、ベランダの屋根程度では防げないほどの横殴りの雨に、布団はビジョビジョでした。

レイコップで重労働が減った!しかも布団が清潔♪

客用布団なんて用意していない家ですので、その日は本当に寝るのにも困ったのです。それから、旦那が毎日大変だろうし今回のようになっては困るということで、布団クリーナーのレイコップを購入してくれました。

小さい子供がいるので、ダニやホコリが中まで取れるというのはとてもメリットでした。日干しは、カビ対策にはなりますがダニなどは死ぬだけで取れないと言われています。

ホコリも叩かなくては出てこないですし、狭いベランダで叩いても舞ったホコリがまた布団についているような気がしますし、布団も傷めてしまいます。レイコップを購入してからは、重労働が減っただけでなく、より綺麗で清潔な布団に寝られている気がします。

【アレルギー持ちの布団ケア】外へは干さずファブリーズとレイコップで

我が家は、私も小6の娘も5歳の娘も小さい頃からアレルギー体質です。ひどい時は発作により入院したりもあります。喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー結膜炎をよく発症します。季節の変わり目や花粉が飛ぶ春先頃には強く症状が出ます。このように3人共にアレルギー持ちのため、寝具には特に気をつけて過ごしています。

アレルギー症状が出ないよう、週1回必ずシーツと枕カバーを洗濯

自分の家の布団では症状が出なくても、外泊先で寝具のせいで体調が悪くなったりするので結構な厄介なものです。古い旅館や人が多く出入りするようなビジネスホテル、合宿所などの寝具で発作が出る事が分かっています。

自分の家では週一回にシーツと枕カバーの洗濯を必ずやるようにしています。それに加え、毎朝、起きたら寝具にはファブリーズを振りかけて、休みの日にはレイコップをかけます。週一回でもかなりゴッソリと汚れが落ちるのを目の当たりに出来るので、これを吸い込んでいると思うだけでかなり衝撃的です。

以前、布団を外に干すと太陽の匂いもするし、すっきりした布団になって気持ちいいよと友人に勧められたりもしましたが、実際やってみると布団についた花粉のせいなのかその夜、喘息が起こってしまったため我が家は外への布団干しは難しいことも分かりました。

布団クリーニングもアレルギー対策に使える!

成長すれば子供の喘息は治っていくと聞きましたが、大人の私が治らずにいるので、きっと子供達も同じだと思います。今は喘息を治す事より、発作が出ないようにするように心がけています。

昨年の11月に、押し入れから布団を取り出した際、少しゴミっぽい感じがして、初めて布団のクリーニングに出しました。かなりの費用がかかりましたが独特の臭いも消え、ふんわりとしていて10年ぶりに新品のように清潔になった布団が戻ってきました。出した後に知ったのですが、宅配の布団クリーニングというサービスがあってコチラのほうがリーズナブルでちょっとショックでした(笑)。

寝具類は化学繊維ではなく綿100%を使用

そして寒い日が続いたので少しでも暖かく眠りたいと思い、毛足の長いフリース毛布と枕カバーを購入しました。しかし使用して一週間ほど経った時、毛にゴミが入りやすいのか汚れが気になりました。これが発作の原因になるといけないと思い、またいつもの綿100パーセントの枕カバーと綿毛布に戻しました。

我が子達が以前、アレルギーが酷く医師に寝具の相談をした際に綿100パーセントのものは良いと勧められ、その言葉を信じて、敷布団のカバーも我が家ではずっと綿100パーセントと決めています。化学繊維には静電気などによってゴミを集めてしまう性質があるそうです。

これにより、我が家アレルギー持ちの3人は比較的、発作が出なくなりました。布団は毎日使うものなので、できるだけ清潔に保ちたいです。

マンションで布団たたき禁止。手入れはコロコロと掃除機で

お布団のお手入れって、皆さん各ご家庭によって違いますよね。例えば、今流行りのレイコップを使用してみたり、昔ながらの方法ではありますが天日干し。布団叩きを用いてベランダでパンパン埃を落とす方法。でも、あれは本当に意味があるのかと疑問になりませんか?

レイコップってどうなの?私は布団にコロコロと掃除機かけてます

確かに天日干しするとダニが死ぬとは言いますが、果たして布団叩きだけでダニの死骸を取り除ききれているのだろうか。レイコップを使用してみるも、本当は布団の繊維が取れているだけなんじゃあ…と思ってしまったり。

残念ながら私はレイコップは持っていません。そして、毎日天日干しもしていません。していることと言えば、髪や埃をキャッチしてくれるあのコロコロを全面にして、後は大胆にも、掃除機で吸い取っています。掃除機の先を2つ持っているので、お布団用とフローリング用に分けているのです。

あとは気が向いた時に天日干しをするくらいなのですが。ウチはマンションで、布団を天日干しした際に布団叩きでパンパンうるさい音を立てるのが禁止なんです。どうも音が跳ね返ってくるくらいの騒音になる様で。もう正直、どうしろっていうんでしょうね。

やはり私の様に、コロコロと掃除機、あるいはレイコップを使用するのが一番手っ取り早くお手入れできる手段なのでしょうか。

布団収納に活躍するはずの圧縮袋、いつの間にか膨れてイライラ

そして一番困るのが布団の収納ですよね。我が家は和室で家族4人で寝ているので、家族みんなの布団4枚に、プラス来客用布団。更には新婚当初使用していて今は眠っている羽毛布団。

羽毛布団は凄くかさばるし、布団圧縮袋も本当は使っちゃダメなんですよね。羽がイタむなんて言われいますが、もう使わなければ押入れに入りきらないんです。マンションは収納が少ないんです。

シーズン毎に掛け布団は替える為、常に布団圧縮袋のお世話になっています。でもね、あれって実は半年もすると、圧縮したはずが何故かだんだん空気が入っていく様で膨れているんですよね。

最初はあんなにペラペラになっていたのに!他の布団も全部入りきっていたはずなのに、どうして入らない?と毎回イライラさせられます。

これからはベッド生活に。布団収納の悩みが少し解消

その為布団の処分も考えたのですが、指定ゴミ袋に入りきらなければ、それはそれでお金もかかってくるし…。今は眠っている羽毛布団も、元は1万円以上もしたものだし、そう簡単には捨てたくない。

もうこの際、ベッド生活に変更してしまおう!色々と大変だし。と我が家の家族会議で決まりました。もう子供も小学生になり自分の部屋もあるので、一緒のお布団で寝る事もなくなってきます。何だか嬉しい様な悲しい様な気分ですが、ベッドにすることで布団の収納やお手入れの悩みからは少しばかり解消されそうな気がしますね。