フローリングに布団でもカビ知らず。ゴザ+吸水マットで簡単メンテナンス

一人暮らしをしている私の部屋はとても狭く、ベッドが置けないため布団を敷いて寝ています。しかも床はフローリングです。忙しくて布団を頻繁に干す訳にいかず、湿気やカビが一番の悩みでした。

布団の湿気どうしよう?すのこ、ベッド、乾燥機、どれも無理

寝ている間にはたくさんの汗をかくと言われていますよね。そもそも汗っかきの私なので、通気の悪い布団は、使用している間にひんやりとし、寝心地もよくありませんでした。このままでは身体にもよくないと思い、対処法を色々と試行錯誤しました。

すのこがいいのか、折りたたみベッドなら使えるのかと考えましたが、どれも生活スタイルに合わず、落ち着いて眠れませんでした。湿気が悩みの場合、本来なら布団乾燥機を使用すれば一番いいのかもしれませんが、高価な為に買う事が出来ませんでした。

ある日実家で寝ていた時の事を思い出しました。畳の部屋ならば、じかに布団を敷いても湿気を吸ってくれる、という事に気付き、ゴザを布団の下に敷くようにしました。合わせて、ホームセンターなどで販売されている吸水マットも購入しました。

フローリングでもカビない方法見つけた!ゴザ+吸水マットが良い

吸水マットは薄く軽いため扱いやすく、湿気を吸った時には付属のセンサーの色が変化するので、乾かすタイミングがわかりやすいのです。何度でも乾かせば使用でき、とても経済的です。フローリングの床にゴザ、吸水マット、布団の順番に敷くことで湿気もたまらなくなり、悩みは一気に解消されました。

週に一度くらい、半日ほどゴザとマットは室外で干せばスッキリしますし、重い布団をわざわざ毎週干さなくても良くなりました。

ここで普段のお手入れのポイントですが、布団は使用してすぐに押入れにしまわないようにしています。軽くたたみ、窓際などに立てかけておきます。それにより、こもった熱や湿気を少しでも発散させることができます。余裕があれば、窓際で布団を広げて干しても良いと思います。

ゴザ+吸水マットに布団を敷く方法なら簡単。毎日続けられる

また、布団をしまう押入れの中には100円ショップで売っている防虫シートを敷く事で、さらに衛生的に使用できます。

フローリングに布団を敷くと湿気で布団も床も傷む、という事を知らなかった時には、あっという間にカビが生え、ダメにしてしまい悲しい思いをしました。この方法を始めてからは、とても快適で、それでいてメンテナンスはラクなので毎日続けることが出来ています。

洗うことが出来ない布団なので、日々の簡単なメンテナンスで長く気持ちよく使えるというのが大切だと思います。これから梅雨の季節は、より湿気が気になる時になので、オススメの方法です。

客布団を1万円でレンタルするのは高くない?それより安い布団を購入

客布団については長年いろいろな意味で悩んでいました。嫁ぐ前、実家で客布団が数年に一度にあるかないかのお客様のために押入れを占領していました。いざお客様がいらした時使おうと思うとカビ臭く、何日も前から天日で干して乾燥して準備しないと使えない状態。

前もってお泊まりを約束しないと客布団は使えませんでした。そのようなことから、自分が結婚して家族が増え、狭いマンション暮らしをはじめると客布団なんて絶対要らないモノでした。

客布団はレンタルで対応。1セット1万円、決して安くない

主人の両親が泊まりに来た時には客布団をレンタルしました。1セット1週間で1万円弱だったと思います。泊まる予定日の前日に届き、掛け布団、敷布団、そして枕まで付いての1セットです。フカフカしていて、とても綺麗、もちろんカビ臭さなどは全然ありません。

我が家で用意したカバーをかけ準備OK。気軽に準備が出来るので、数年間客布団の問題は解決していました。

一方で、子どもたちも小学生くらいから個々に布団を敷いて寝るようになってきました。主人の両親がこの度3年ぶりにお泊まりに来ることが決まりました。今回もレンタル?って思っていましたが、2セット客布団を借りると2万円って結構、今の家計には負担。格安レンタルを探しましたが私が渋っていました。

子どもの布団にカビ発見。買い替えるチャンスかも

そんなある日、子どもたちの布団をベランダに干しながら、昔漏らしたおしっこの跡、頭の付近の小さな黒カビをどうしたものかと悩んでいました。そこで、ある考えが思い浮かんだのです。新しくお布団を買って客布団にした後に子どもたち用に使えないかと。

早速、主人に相談し「イイんじゃない。オレも実は子どもたちの布団気になってたんだ。」と了解を得ました。ネットで布団の価格を調べてみると思った以上に安いことが分かりました。

防ダニ・洗えるお布団を購入。客布団として使用後、子ども用に

布団セットは凄く高いというイメージをそれまで持っていましたが、1セット、最低でも7,000円くらいで揃えられるのです。しかもアレルギーの方に対応出来るように、防ダニの効果も持ち合わせた機能的なお布団が1万円強で購入できるのです。今まで客布団をレンタルしていたのが悔しく感じられました。

そこで、防ダニ、洗えるお布団を2セット注文しました。両親がお泊まりし客布団として使用した後は、子どもたち用のお布団にしました。子どもたちはふんわり新しいお布団に大喜びでした。小さなころからずっと使っていた布団は布団の細かな縫い目もほころんで、弾力は無くなっていました。

お安く買えたので、お布団は簡単に買い換えることが出来るものだって自分の中で感覚が変わりました。汚い布団を一生使うというような固定観念はもう古いのですね。

【布団の花粉対策】花粉よけスプレーと掃除機で天日干しも怖くない

布団については外干しが特に悩みでした。旦那のアレルギー検査ではペット以外はすべてヒットしていて、とてもではないけれど、外に干せる状況ではなかったのです。布団乾燥機などそういうものは高いしかさばるので、使う必要はないのかなぁとも感じてもいました。

天日干しの時は花粉除去スプレーが重宝

私がとった対処法としては毎日は干せませんが、シーツを外した布団に中干しする簡易的な物干しスタンドにかけておき、それをそのままベランダに出して花粉よけのスプレーをかけました。

花粉よけスプレーは花粉をあらかじめはじいてくれるので、取り入れるときにはパンパンとはたいてから入れるようにしています。そして掃除機をかけたお部屋に取り入れた布団を広げてざーっと掃除機をかけるのですが、それだけで大体の花粉はとれます。

シーツは自宅で洗濯後、コインランドリーで乾燥

そしてシーツの方なのですが、洗濯を家で回してコインランドリーで乾燥させるようにしています。家はアパートなので一気に外干しできないという現実が待っているので、コインランドリーは非常に便利な存在です。

洗って乾燥までのコースを一気にやってしまうと1,000円以上のお金を使ってしまうため、なるべく安値ですむように家でシーツを全部丸洗いしてしまうのです。もちろん洗濯機をかけている間にふとんは干せますし、乾燥機をかけている間は近くにスーパーがあれば乾燥かけている間はお買い物もすればいい。

そんな状態です。一度に全部すませてしまおうと考えると全然やれないことも多いので、ふとんに関しても家事に関しても同時進行でやってしまえる効率的な方法を考えるようにしています。

花粉除去スプレーでアレルギー症状が軽減

これは独身時代に実家暮らしだったのですが、物を干せるスペースがかなり狭く、今のアパートより大変でした。しかも晴れた日があると普通の洗濯物で干すところはほとんどなくなってしまうのです。

せいぜい干せても一日一枚程度。そして花粉症の時期になると色々なものを吸い込んでしまって大変なことになります。私は旦那のように年がら年中のアレルギーの悩みはなく花粉症だけですんでいますが、花粉症の季節になると鼻水がずるずるしてしまって大変でした。

花粉除去スプレーは花粉を固めてはたいてから掃除機でかけるとわりと効果的で、症状はまだ少なくなったような気がしています。作業も多く面倒なので月に一回ぐらいしかこの作業はしませんが、窓を開けて敷いたまま換気がてらに置いて部屋の掃除ついでにふとんに掃除機をかけるだけでもいいかなぁと思います。

布団はダイソンの掃除機でダニ予防。布団が干せない悩みを解消

今、夫の会社の社宅に住んでいるのですが、ベランダは広いものの、布団を干せるスペースがとにかく少ない!ベランダの半分はコンクリートの壁なため、残りの半分の柵の部分しか干せないのです。大人用の布団を干そうとすると、2枚分。干せるスペース、狭いです、狭すぎます。

布団をベランダに干せない悩みをなんとかしたい

晴れている日が続いていれば、2枚ずつ順番に干せば良いのですが、冬などは、敷き布団、掛け布団、毛布とかなりの量があるため、1日で全て干すことはできません。なのでとても困ります。

また、風が強い日や、悪天候が続いているとき、予定のある日が続いているときは、しばらく干せない日が続いてしまい、布団がなんとなくホコリっぽい…という事態に陥ります。

【レイコップよりダイソン】ホコリやダニを布団クリーナーで掃除

そこで、我が家で活躍するのは、紫外線もあてられるレイコップ!ではなく、ダイソンの掃除機(ダイソンの掃除機に取り付けられる布団クリーナーというものがあります)です。

レイコップは一時期使っていたのですが、かなりの旧式のため、紫外線は当てられるものの、布団についたゴミやホコリまではあまり取れないのです。私は布団についたゴミやホコリ、ダニの方が気になるため、ダイソンの掃除機が最適でした。

ダイソンはなんといっても吸引力!吸引力が違います。しかも吸いとったゴミやホコリを目で確認することができるので、吸いとった後はなんとも言えない達成感があり、布団をかけたときもホコリっぽさがなくなり、気持ちがいいのです。

布団を干すのと同様に、全ての布団の表も裏も掃除機をかけることは、結構重労働になりますが、何もしないでダニに咬まれるのだけは嫌です。

【ダイソンに期待】布団を干せなくてもダニ対策できる

ちなみに、ダイソンでは前に「100人の寝どこ」というキャンペーンで行われたダニの吸い取り実験、自宅の布団から吸いとったゴミを送付すると、成分を調べてくれる、というものがあったようです。モニターの中には、ダニがあり得ないくらい取れた人もいたみたいです。

また、ダイソンどころか、普通の掃除機で吸った方がダニは除去できると聞いたことがあります。ダニ本体よりも、ダニがする“ふん”の方が不衛生なようで、それらをダイソンが除去してると期待しています。ダニのふんなんて想像しただけでぞっとします。

ダニのふんは、アレルギーの原因にもなります。ダイソンのおかげか、我が家では布団をあまり干せなくても、家族皆、ダニに咬まれたことがありません。

来客用布団は圧縮袋で保管することで収納スペースを確保

30代女性、夫と私、幼稚園児の息子の3人家族です。賃貸マンションに住んでおります。私が抱えている布団に関する悩みは、来客用布団が場所をとり、収納スペースを圧迫してしまうということです。

布団の悩みは、来客用布団が場所を取ってること

私たちの住む賃貸マンションは、いわゆるファミリー向け物件ではなく、間取りも1LDKで収納スペースも少ないので困っています。元々、この部屋は主人が就職して一人暮らしを始めた際に借りたものなのですが、まだ独身のころ、地方から遊びに来た父母を泊めるために、2組の来客用布団を購入したのだと言っていました。

独身のころは、押入れに他にしまうものも少なかったため、さほど邪魔に感じることもなかったようなのです。しかし、その後結婚・出産を経て3人家族になってからは、子供用品や衣類など物がどんどん増えてしまい、ほとんど使用しない来客用布団が場所をとるのがもったいなく感じるようになりました。

圧縮袋が便利。布団を使う回数が少ない家庭におすすめ

そこで、我が家で行っている対処法は、来客用布団は布団圧縮袋を使用してペチャンコに押しつぶし、体積を減らして収納スペースを広げるという方法です。来客用布団を頻繁に使用するご家庭では、この方法は手間が掛かるのでおススメできないですが。

しかし、我が家はそもそも狭いので、泊りがけでお客様を招く機会も少なく、最後に使用したのはなんと5年以上前という状況なのです。それでは思い切って捨ててしまっても良いのかもしれませんが、万一の際のことを思うとそこまではしたくないと考え、圧縮するという結論に至りました。

使用している布団圧縮袋は、掃除機を用いて中の空気を吸引すると、逆流防止の弁がついているので逆戻りすることなく、開封するまではずっとペチャンコの状態が続くのでとても満足しています。

【来客用布団の保管】圧縮袋と防虫剤を使って清潔に

ただ、注意すべきことは、この方法を用いると開封してもすぐに布団が使用できるような状態には戻りません。そのため、使用することが決まったらあらかじめ早めに開封しておき、天日干しをして元のフカフカの状態に戻しておくことがポイントです。

また、保管している間に虫がついてしまったりすると困るので、その点にも気をつけています。布団圧縮袋に入れておくことで、ある程度は虫との接触は避けられるとは思うのですが、念には念を入れて、強力な防虫剤を押し入れ内に吊り下げて対策しております。

使う機会の少ない来客用布団ですが、これからも清潔な状態を保ちつつ邪魔にならないように保管できるこの方法を続けていきたいと思っております。

布団はクリーナー・乾燥機・除湿シート3点セットでお手入れ

私の家は日当たりが良いのですが、毎年春は花粉症に悩まされているので布団が外に干せません。せっかく日当たりが良い家なのに、花粉症のせいで布団が干せないのが嫌でした。

布団が干せないので、乾燥機とクリーナーを買ってみた

そこで、布団乾燥機と布団クリーナーを購入してみました。まず布団乾燥機ですが、使ってみると布団がふかふかになります。

外に干せないと布団が湿気で重たくなっていたのですが、布団乾燥機のおかげで外に干したあとのように暖かくて気持ちの良い布団になりました。布団乾燥機を1時間も掛けるだけで悩みが解消されたので、とても満足です。

布団乾燥機を使う暇が無いときは、布団クリーナーも使います。これは、布団の表面にあるハウスダストやダニを吸いとってくれるので、アレルギー持ちの方にはオススメです。

除湿シートも効果あり。布団の下に敷いて湿気防止

1つ難を挙げるとすれば、布団クリーナーが重いことです。私が使っているクリーナーはUVライトがついているのですが、結構重くて掃除をするのに時間が掛かります。

平日の朝、バタバタしている時には時間が掛かるので夕方帰ってきてからか、休みの日に念入りに掃除をしています。今のところ、アレルギー症状が緩和されているので買って良かったなと思いました。

最後にもうひとつ、布団を干せないときに除湿シートを使うのもオススメです。布団用の除湿シートがホームセンターなどに売られていますが、これを使うと布団に溜まる湿気を減らすことができます。

つい最近買って使ってみたのですが、思っていたより効果がありました。これから暑くなって寝ている間に大量の汗もかくので、除湿シートも買って良かったです。今は、洗って再度使える除湿シートもあるみたいなので、今度買いにいきたいと思います。 

布団クリーナー・乾燥機・除湿シートがあれば完璧

色々試してみて私は3つとも、買って大正解でした。もし、布団を干せなくて悩んでいる方が居たら試してみると、悩みが解消されるのではないかなと思います。布団クリーナーと布団乾燥機はお手頃な値段のものも沢山発売されているので、買う前に口コミで調べて買うと失敗は少ないと思います。

あとは、ネットより店頭だと試しに使ってみることも出来るし、一度に色々な物を試せるので一石二鳥です。去年まで布団が干せなくて悩んでいたのが嘘みたいに、今はとても快適です。

私と同じように悩んでいる方は、私が試した3つの方法を是非やってみてください。きっと、悩みが解消されて、布団を新しく買い換えなくても大丈夫だと思います。これからも、継続して布団のお手入れ頑張っていこうと思っています。

【花粉症対策】布団干しは室内でも可。外と変わらずフカフカに

家族全員、花粉症なので花粉が沢山飛んでいる時期は、布団を干せないので困りました。子供は特に寝ている間に汗をかくので、布団を干さないとジメっとした感じになるので、布団干しはしたいです。

布団は干したいが花粉が怖い!日当たりの良い室内に干してみる

花粉は避けたいので、室内の日当りが良いベランダ近くに布団を干してみました。窓越しに置くと日差しが入るので、ちょうど良い感じで布団を干すことができました。布団はフカフカになり、とても気持ちよくなります。布団は外に干さなくても大丈夫そうです。定期的に部屋の中で布団を干すようにしました。

布団のホコリやダニなどは気になるので、レイコップの布団掃除機を使って掃除するようにしています。布団を掃除機かける時は、ついでに枕も掃除機を使うようにしています。やはり布団と枕はセットなので、掃除機するとすっきりしますし、心なしかクシャミなど軽減したように感じます。

レイコップと空気清浄機でアレルギー対策

アレルギー体質なので、ホコリなども避けたいですし、日頃からまめに掃除をすることでアレルギーをケアできます。布団や枕などは、一番アレルギー反応が出やすい部分かなと思うので、色々と対策するようにしています。

部屋では空気清浄機も使っています。布団を掃除機かけた時は空気清浄機もフル稼働しています。レイコップの吸引力はかなりのもので、布団掃除機として有能な商品ですし、安心してグッスリ夜は寝れるようになりました。

今は年中、花粉が飛んでいて私たち家族にとって常につらいです。春先だけでなく、布団を外へ干す自体ためらうようになりました。同じようにアレルギー体質の方や花粉症の方など、布団干しは控える傾向にあるでしょう。

日当りが良い場所に布団を置いておくと外へ干すのとは違い、花粉がつくこともなく安心できますし、窓越しで布団干しした後はレイコップなどの掃除機で布団のゴミを吸い取るときれいになります。

花粉を避けるなら、布団干しは日当たりの良い窓際に

レイコップで布団に掃除機をかけると、かなりホコリやゴミなど吸い取られるので、布団はゴミが溜まりやすいことを実感できますし、そのままにしておくとアレルギー反応が出るのでマメに掃除機をかけることは大切だと実感できます。

色々と反応が出やすい体質の場合、早めに負担の対策することで少しずつ症状も変化しますし、体質もアレルギー反応が落ち着いてリラックスして過ごせるようになります。アレルギーが出ると体も辛くなりますし、無理なく過ごすためにも色々と調整することが重要になります。

布団干しは室内でもできるので、日当りが良い場所をチェックして窓越しに干すのは効果的です。

カビが生える布団と生えない布団、その違いは〇〇にあったんです!

39歳、夫と娘の3人暮らしです。全床フローリングの賃貸マンションに住んでいます。寝室が6畳でベッドを置くと狭くなってしまうため、布団を床にじかに敷いて寝ています。

【カビ対策】アルミマットや湿気取りシートを試すも効果なし

夏は大丈夫なのですが、気温が低くなってくると、床の冷たさと体温で温まった布団の温度差で床が結露するようで、朝起きると敷布団の裏面がびっしょり濡れてしまいます。

さらに2、3か月で黒くポツポツとカビが生えてきてしまいます。カビが目立ってくる2年くらいで敷布団を買い替えなくてはいけませんでした。子供が小さいので、健康に害がないかがとても心配でした。

カビ対策として、晴れている日はほとんど毎日布団を干すようにしたり、床からの冷気を遮断する(銀色で保冷バッグなどに使われている)アルミのマットや、湿気を吸い取るシートを敷布団の下に敷いたりしてみました。

ですが、カビの生え方は変わりませんでした。すのこを布団の下に敷くということも考えたのですが、部屋が狭いため断念しました。

どうして?買い替えた敷布団はカビが生えない!

諦めて、安価な敷布団をこまめに買い替えるしかないと思っていたのですが、ある時、セールで高価な布団セットが安くなっていたので買ってみました。すると、その布団では、冬の間も敷布団の裏面がびっしょり濡れることはなく(少しは湿気は感じますが)、カビも生えませんでした。

今まで使っていた敷布団と、今回買った敷布団の何が違ったかと言いますと、布団の中身の素材でした。安価な布団はほとんどポリエステルなどの化繊ですが、今回はウール100%だったのです(中芯はポリエステルですが)。

布団の素材を意識したことが今までなかったので驚きでした。素材が違うとこんなに変わるのかとビックリです。その布団は2年ほど使っていますが、全くカビは生えていません。やっと対策方法がわかってとてもうれしいです。

布団のカビを防ぐには、素材選びが重要

今、一戸建てを建築中なのですが、その家の床は無垢材にしました。普通のフローリングのようにひんやりしないそうです。ですので床にじかに布団を敷いても結露しにくいかなと思います。我が家は花粉症の人がいないので、いつも布団はベランダに干しているのですが、最近ではPM2.5なども気になります。

新居は高気密、高断熱の家で、わりと家の中が乾燥しやすいそうなので、家の中の日がよく当たる場所に布団を干せるスペースを作りました。洗濯物などもそこに干すようにするつもりです。布団を清潔に保つためには、こまめに干すことと、布団の素材選びが重要だと思います。

【洗える敷布団】アイリスオーヤマのエアリーでカビ対策はバッチリ

私は、30歳の専業主婦です。現在、旦那さんと三人の男の子の五人家族です。子供達は上の子二人が年子で、少し離れて現在まだ一歳の末っ子がいるんですがベビー布団を卒業して普通のお布団を使っています。なので一人1組ずつ布団を使っているので、干すとなるとかなりの量になって凄く大変。

子供の布団にカビ発見っ!気を遣っていたはずなのに

毎日誰かの布団を干している状態でした。寝ている環境もベッドではなく布団をフローリングに直に敷いて寝ているので湿気がこもってしまいます。

干せない布団には、布団乾燥機で乾燥させていたのですが数が多いし、1組乾燥させるのにも時間がかかるので頭を悩ませていました。そのせいで梅雨の時期、布団も干せず乾燥機も1日3組しか乾燥出来ずにいたら、子供の布団の下にカビが生えてしまってビックリ!

子供の布団はオネショや突然の嘔吐など布団が汚れる事が多々あるので、おねしょシーツ、いわゆる防水シーツを布団に敷いていたので余計に湿気がこもってしまい、カビが生えたようです。これは、買い替えの時に布団屋さんが教えてくれました。

うちは、家族みんなアレルギー体質なので、ハウスダストには特に気をつかっていました。パナソニックさんの布団専用の掃除を買い、毎日全ての布団に掃除機もかけていたのに、まさかカビを発見するなんて想定外の出来事でした。

【布団の買い替え】敷布団の理想は、洗えるもの

そんな事もあり、布団の買い替えは凄く慎重に考えました。今までは、掛け布団は洗濯機で洗えるものを使用していたので、いつでも洗って清潔に保てていました。

敷布団は、綿や低反発などみんなバラバラの物を使っていました。でも、敷布団全てに共通する事は「洗えない」ことです。もし汚れてしまっても天日干しでしか対応出来ないのが凄く嫌で、衛生的にも気になる点でした。

なので敷布団も洗える物をいいと思い探してみると、凄く高価な物だったり、外の専用カバーは洗えるけれど中芯は洗えません、という商品が凄く多くて、なかなか理想の布団を見つけられずにいました。

見つけた!アイリスオーヤマの敷布団で悩みが解決

そんななか、やっとの思いで見つけ出したお布団が、値段もそんなに高くなくて中の芯まで洗えるアイリスオーヤマのエアリーという敷布団です。これが高反発の布団で、寝ると下から体を支えてくれるというもので、沈む布団が苦手な私にはピッタリ。

それに、肝心の洗う作業も専用カバーは洗濯機で洗え、中の中芯はシャワーなどで直接水洗いが出来る!乾きも直ぐなので楽チン。これで汚されても大丈夫。中芯も綿などではないのでダニが布団の中で繁殖する事もなくて衛生的。

ハウスダスト対策もバッチリ!そして重さも軽い。上げ下げが凄く楽!布団が三つ折なので干せなくてもお部屋に立てて置けます。なので布団の下に湿気が溜まる事もなくなり布団乾燥機の出番もなくなりました。

毎日布団を干すのに頭を悩ませていたのですが、全てが解決する布団に出会い、いつでも清潔なお布団になりこれで悩みは解決し快適な睡眠が出来るようになりました。